忍者ブログ

 [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

| HOME |

 うちの子ぷそ/らて

タイトルの通り置き場ヾ(ヾ・ω・)
ラテールは以前の携帯のデータごと紛失してしまったため復元です…!

どこまで戻せるかなああぁ ワアア。゚( ノωノ)゚。



PSO2
→アランテ(+アン)

ラテール
→せづつ
→すさき
→すさの
→そうひ準備中...



 

PR


>>続
| COMMENT:0 | HOME |

 うちの子ドラゴンネスト(雑談)

本編(?)には関係ない現パロの話だとかヽ(ヽ・ω・)
シチュエーション別の短い妄想を放り込む予定であります。

最終更新:2012/09/29
▼DN
・お酒飲む
・一緒に温泉入る
・ロメメの話
・現パロの話
・寿命と未来の話。それから、最期。
・イズズと弟君の話
・愛は何かを奪う話


・お酒飲むよ!!!
※未成年は飲んじゃうんたらかんたら
ノコ:弱め:おやスヤァ( -ω-)。〇
コタ:普通:笑い上戸になって散々騒いでパタッと寝て次の日二日酔いでもんどりうつタイプ
キセ:普通:ぼーっと視線を宙に投げてはたはた泣いてる
ロメ:ざる:酔っても傍目には普通に見える。普段吸血衝動を抑えている反動か噛みつきたくなる。がぶがぶ。
トワ:弱い:すぐにお酒がまわって肌が赤くなるから飲まない。目元も熱くなってくる。飲んでたまるか。弟の前ならまあ飲んでもいい。(潰れても回収してもらえるので)


・一緒に温泉入るよ!!!
混浴ですか!?
コタ+ノコ:コタタだってやっぱノココは女の子だしちょっと気恥ずかしい。ノココもつられて少し。まあタオル巻いとけばいいか。あっ見てください景色がきれいですー!
ロメ+キセ:ロメメ自身はてきとうに洗ってキセセを念入りに泡だらけにする。わしゃわしゃわしゃわしゃわしゃ。温泉は並んで入ってぼーっとしてる
トワ+レノ君:ひたすらちょっかい出す。いきなり耳に息ふきかける。あ、それはいつもでした。あんまりいたずらに夢中になっているとのぼせてダウンする。だめだこの人。きっと優しい弟君が部屋まで運んでくれます。
トワ+イズ:「あいにく幼女の身体に興奮するような変態ではないので」「こんな生白い軟弱野郎の裸なんて見ても何とも思わない」 
パス+エニ:「ほらタオル巻け」「いいじゃない別に」 (お願いだから気にしてくれ!)(そんなに魅力ないかしら(´・ω・`))
パス+ハネ:ガラッ 「よぉハネn\パコーン/い゙たっ ちょっ待っまtt\ピシャッ/ 
風呂上がりに(喜んで)アイスを奢らされる。よーし卓球しようぜ負けたらもう一本アイスよろしくにゃ☆


・ロメメの話
それは彼もまた幼かった頃、
キセセを拾ってから三大欲求を全て食欲に傾けて補ってきた。
昼間でも寝ているわけにはいかなかった。「向こう」側には昼も夜もない。
肝心の食事すら血では無いためその量は常軌を逸し、
無理な生き方なせいで当時彼ロメメはやつれ相当顔色も悪かった。
眠る度飲み込まれかける悲鳴に何度も起こされて、眠ることができなくなり。
この頃彼を認知して「こっち」側に繋ぎ止めてるのは己だけだったから、
自分が意識を外した瞬間から彼の崩壊は始まる。
やがて訪れた限界に、選択を迫られた。
単純明快に二択。
見捨てるか、守るか。
---
守るなんて大層な言葉で飾る意思ではなかった。
ただ、家族も何もない自分が手にしていたのは、目の前で泣いている少年だけだったのだから。
一度は諦めた。
あの瞬間、確かに自分は見殺しにしようとした。
痛みに喘ぐ声も、消える恐怖に泣きじゃくる声も、だんだん小さくなっていった。
そして、聞こえなくなった。
…。
…。
………。
もうその口は「いたい」とも紡げないのだろうか。
今まで己を苦しめていた存在の崩壊を、驚くほど静かに見つめていた。
顔の半分、髪に隠れてはいるが下はぼろぼろで表情すら読み取るのが難しくなってきた。
---
これで、終わるのか。
そう、呆然と呟いたそのとき、下から裾を引っ張られる感覚があった。
まだそんな力が残っていたのか――。
見下ろせば、既に片腕しか残っていない彼が何か言おうとしていた。
声はでてこなかった。
しかし、その口の形は、いつか自分が教えた言葉を紡ごうとしているように見えた。

   「お や す み な さ い」

霞んだ視界で彼は、微笑んでいた気がする。//


 
・現パロ
親はどうしたとつっこんではいけない
▼リヒトワさんの周辺
病院生活が長かったけれど、日中は外に出ないことを条件に自分の家で暮らすようになった。
パソコンを使うお仕事なう。眼鏡は赤フレームで脇に花柄でお願いします。
懸賞もたまに応募してるらしい。
寝たきり生活が長すぎて(本読むか勉強するかしかすることなかったby本人談)
幸か不幸か、学校へ行っていないにも関わらず学力は十分である。
日光の関係で玄関まで出ていけないため、ノココとロメメに家の鍵を渡してある。
普段は夜間に買い物に出かけていたのだが、危ないだろうと怒られてしまった。そんな過保護な(本人談)
皆寝かしつけてから、コトトが働いてる顔なじみのパン屋さんに行くのが日課。
売れ残りのパンを格安で譲ってもらうよ!ロメメが全部食べるよ!!!
▼コタノコ周辺
リヒトワのとこにお世話になってるその1。
今年分の誕生日プレゼント(二人分)として買ってもらったスマブラにはまってる。
 ▽主な使用キャラ(こんなイメージ星)
   コタ:ドンキーコング・マリオ
   ノコ:プリン リンク
   ---
   リヒトワ:ゼルダ ネス
   キセセ:ピット ピカチュウ
   ロメメ:マルス ミュウツー
 全員自分のコントローラー持ってる。水色、黄色、赤、灰色、黒。
コタタは剣道部、ノココはアーチェリーだと思うけど果たして中学にそんな部はあるのだろうか。

▼ロメキセ周辺
ロメメと一緒がいいと泣き喚くのでキセセは学年がひとつ上に入れてもらってる。
リヒトワさんのとこにお世話に以下略その2。
帰りは暗くなってもまあロメメ強いし、Aさんがいてくれることがあるみたいなのでまあいいか。
ロメメは柔道部、キセセは見てるだけの帰宅部。柔道部のお手伝いをしていることも。


・寿命と未来の話。それから、最期。
知っていますか?人間よりも遥かに長寿な生物のことを
▽ノココ(エルフ)
我が家で一番長生きすることになる。その寿命、10世紀弱。
元々高貴な家の出あり、エルフの女王にはならないが故郷の土地の主になる(時期はおおよそ生まれて4世紀ぐらいの頃)。土地神様(6世紀頃から)。
コタタのお墓が家の庭隅に作ってある。コタタ君、今日は、ひなげしが咲いたんです。
彼の死は寂しいけれど、また会おうと約束したから悲しくはない。
彼女が天寿を全うして、息を引き取った日。水色の男の子に手を引かれる、幼い頃のノココを目撃した人がいるとかいないとか。
※エルフに寿命は基本的に無い。本人が生きる意思を失くしたら終わり。致命的な怪我でもしぬ。

▽ロメメ(吸血鬼) +キセセ
現時点では人間と吸血鬼のハーフ。。
しかし、将来的には吸血鬼の血が濃くなって純血となる。そうなれば、目も常時紫になる。
致命傷等を負わなければ、寿命は約8世紀にまで及ぶ
※いずれ王様になる吸血鬼は隔離する風習があり、小さい頃から独りでいた。
王の候補は何人かおり、その過程でしんでしまった者は王にはなれない。

彼に強く依存しているキセセも、8世紀近く存在する。
ただ、最後1世紀ではロメメの生命力の低下に感化され、身体がうまく動かず寝たきり状態になる。
ねむい、ねむい、と繰り返すようになった彼を見て、吸血鬼の彼も己の寿命を理解する。
子供のように守ってきた彼を抱いて、姿はやがて闇にとぷんと溶けて消える。

▽リヒトワ(アルビノ)
人間。アルビノ。一応断っておくと、決して短命なわけではない(そもそも人間は短命だが)
人並みに生きる絶対条件に『日に当たらないこと』があり、
それを放棄しているため長生きは望めないであろう現状。
仮に引き篭れば、今より長く生きていける。しかし、外に出なければ弟と再会するのは絶望的であった。
それならば、いっそ、最期まで君の隣で。
まぁ日光がそこまで毒になってることは勿論弟には話していない。
気づかれたとしても、「何、レノは僕に、君に会うなって言うの」会えないとしんじゃう。ってぷんすこするよーブラコンだよーーー
弟の為だけに命を使い切るつもり。エゴだってことは重々承知している。


・イズズと弟君の話
誰かとは誰か。

生まれながらにして欠けている。

 そう自覚したのはいつだったろうか。
物心つく前から、ふと、横を見やることがあった。
理由はよく分からない。だが何か、側にいるはずのものに話しかけようとしたのは、幼心によく覚えている。
誰もいないことに呆然としたことも、
誰かがいると思ったことへの驚愕も。
実害はなかったが如何せん気味がわるかった。一体自分は何に話しかけようとしているのだろうか。
この自分の奇行には大いに悩まされた。友人にはあちこち協会を紹介され、聖職者の間をたらい回しにされたりもした。かのリヒトワとはここで面識を得ることになるのだが、色々と面倒な話なのでここでは割愛させて頂く。初対面でいきなり足払いをかけてくる聖職者なんぞあいつだけだ。
思いつく限りの治療、薬、呪いを試せども、一向に治まることもなく。それはしばらく続いた。

あの満月の夜。
今日も今日とて空っぽの空間になあと声をかけ、
水を渡し(実際には渡し損ねコップは床に叩きつけられたのだが)、
挙句の果てにはご飯を二人分買う始末であった。解せぬ。
そんな日常に慣れつつある自分に深い溜め息をつき、
二人分のスリッパを押しのけベッドへと上がった。
そして柔らかな毛布へ手を伸ばして、気づく。

――影が無い。

今宵は雲ひとつ無い満月である。
おかしい。いや、元より自分は「奇妙」であったが、流石に人間やめた記憶はない。部屋をぐるりと見渡してみれば、本棚の、机の、乱雑に置かれた薬の影は確かにある。
どういうことだ。
「どこに…」
いったんだ。己の影は。
「いないのか?」
不自然に周囲が静まり返る。
全く、呼ばれたら返事をするものだろう、 

「 ニ ィ 」

理解した。
腕の中に冷たい体温を感じながら、イズズは確かにその答えを掴み取った。
今までの奇行の意味は、
自分が半分であったのは、
欠けていたのは、あの感覚は、正しかったのだ――と。しかしだからと言って、これまでの苦労を考えると大変腹立たしい。
故に目の前でぼう、と突っ立ったままの弟に足払いをかけたのである。
(おかえり、我が半身)
(何年も待ったのだからこれぐらいは許せ)

 

・愛は何かを奪う話
愛とは奪うものだとは誰の言葉だっただろう
     エニニはパススから救済を、 
     パススは結果的にエニニから記憶を奪うことになった。 
     (世界はとっくに忘れたのに自分だけ罪の記憶から逃げられない)
     (大切
にしたが故に彼女は標的となったのだ)
 





>>続
| COMMENT:0 | HOME |

 うちの子ドラゴンネスト

自分用のメモみたいなのの塊ですヾ・ω・)ノ゛
塗るとき超絶アバウトな髪、瞳の色も一応記載してあります。色とはfeelingです。
一々ゲーム内にアバの確認に行くの面倒だからスクショ撮ったよ!!!←
クリックで原寸大です、どうぞ。

※関係の強い子同士を横に並べてみました。
▼DN  設定がまだ薄い子はこの色 
ノココ / コタタ
リヒトワ / イズズ
ロメメ / キセセ
ハネネ / パスス / エニニ
セポポ
キトト
コトト / ハノノ
ルルヤ
スタタ / ロロフ
ユベベ ←new! 03/01
カカトラ ←new! 03/01


☆ノココ / 箱入り少女


「友達と一緒に、しばらく遊びにでかけます!」
  アーティラリー
  14歳/145cm/♀
  髪:蒲公英色(たんぽぽいろ)
  瞳:若草色(わかくさいろ)
  
エルフの里の箱入りお嬢さん。
人里と近い場所で、初めて人間(コタタ)に会った。同時に初めての友達になる。
「人間は野蛮ですよ」と教えられ続けてきたが、コタタとはあっさり仲良くなった。
「家の者」以外とはほぼ顔を合わすことを許されなかった幼少期は、少し寂しいものだったよう。
現在、来るテレジアが見つからず、自分は本当にエルフだろうかと頭を悩ませている。


☆コタタ / 
捨てられヒーロー
「男なら、でっけー夢叶えてみたいだろ!」
  ムーンロード
  14歳/145cm/♂
  髪:空色(そらいろ)
  瞳:紺碧(こんぺき)
  
かなり幼い頃に、父親が旅に出たまま不在である。
顔も知らない、突如姿を消した父親に会ってみたいと思うようになり、探す旅に出た。
近しい年齢の知り合いがいなかったせいか、ノココのことは何か気になる。
馬鹿みたいに真っ直ぐ。


☆リヒトワ / 
黄昏時の祈り


「何だって差し出そう、君がもう苦しまないように」
  セイント
  18歳/160cm/♂
  髪:白(しろ)
  瞳:紅赤(べにあか)
  恐ろしく整った顔をしている 微笑みは刃物
  
アルビノ(albino)。病気しがちであり、強い日光と過度な運動は苦手。
寝込むおかげで筋肉をつけてもつけてもおちる。もう諦めた。
物心ついたときには、既に腹違いの双子の弟と孤児院に預けられていた。
後別々に引き取られ、キャデラックで再会することになる。
現在、彼を引き取った家の家督相続争いに巻き込まれかけて家出中。
弟が関わらなければ落ち着いていて真面目な青年である。
 (弟:レノルズ君。リヒトワより10cm程背が高く碧眼褐色肌)


☆イズズ
「…ま そのときは一緒にしんでやるよ」
  
アデプト
  11歳/120cm/♀
  髪:白緑(びゃくろく)
  瞳:抹茶色(まっちゃいろ)
愛らしい見た目故にたまにロリコンをひっかける。「へんたいはリヒトワに浄化されろ」
リヒトワの友人にあたる。口が悪い。乱暴な優しさ(?)。
繊細(※見た目)なお兄さんと男前な幼女の組み合わせはどう見ても凸凹コンビである。
リヒトワがレノルズ君の前だと情けなくて泣けないときとか、「馬鹿じゃねえの」とか「雨が止むまで待ってやるよ」とか声をかけて「イズズくさい」「あぁ!?」みたいなことになってる


☆ロメメ / 優しい吸血鬼


  クルセイダー
  16歳/157cm/♂
  髪:白菫色(しろすみれいろ)
  瞳:若紫(わかむらさき)
  日が高いうちは水色。
  
無表情で言葉数が少ないため、何を考えているのか今一分からない。
キセセの視界事情を知る数少ない人物である。
吸血鬼と人間のハーフ。
現在、ほぼ吸血はしていない。その分たべる。とにかくたべる(10人前とか余裕です)
キセセのことはおいしそうだなと思っている。きっとおいしい。でも怖がるだろうから吸いたくない。
傷口をちゃっかり舐めたりはする。
キセセが人間で無いことに感づいてはいるが、何なのかは分からないし、気にしてもいない。


☆キセセ / 光に落ちた影


  インクイジター
  (推定)15歳/155cm/(暫定)♂
  髪:練色(ねりいろ)

  瞳:若葉色(わかばいろ)
  幼く性別を感じない。

臆病な性格に反して馬鹿力。今一制御できていない。
帯電しやすく、冬場は近寄るとパチパチ音がする。たまに避雷針のごとく雷が落ちてくる。
彼の目には影の世界が映りこんでいる。しかし、周囲には「また中二病かー」と思われているようだ。
次元の隙間の近くで倒れているところをロメメに拾われ、現在に至る。
基本的に、ロメメに教わっていないことは知識にない。(肝心の彼は余り喋らない)
自分とよく似た属性(?)の向こう側に引きずり込まれやすい。
ロメメのことは親や兄のように慕っている。べったり。
その生い立ち故にか、15歳にしては中身が幼い。


☆ハネネ
  テンペスト
  17歳/155cm/♀
  髪:クリームイエロー(cream yello)
  瞳:スカイブルー(sky blue)
語尾ににゃがつくアクロにゃん。(※故意)(※わざと)(※大事なことなので二回言いました)
かわいいにゃ?かわいいにゃ?かわいいって言わないと踏みつぶす!
パススのことは嫌いではないがうるさいとは思っている。非常にやかましい。(二人共)
最近はバッタが苦手だと知り、バッタ収集を始めた模様。
パススの空元気には気づいているよう。実質友人のような立ち位置。


☆パスス / 光を信じた裏切り者
  ガーディアン
  19歳/172cm/♂
  髪:アイリス(iris)
  瞳:ピジョンブルー(pigeon blue)

ハネネ大好き。本人いわく一目ぼれで、毎日全力猛アタック中だが一向に振り向いてもらえない。めげ ない!!
龍の使徒。リヒトワには現場を目撃され露見している。
お互い邪魔をしないようなら不干渉、の態度を保ち続けており一触即発
…のはずなのだが、収入をほぼハネネに貢いでしまっているせいか金欠でそんなのはどうでも良い。お金!ください!!
以前ソーサレスの恋人がいたが、『女神の儀式』の犠牲となり亡くしている。


☆エニ二 / 記憶の中でしんだ
    (あのとき確かにしんだ 君の記憶の中で)
  エレストラ
  19歳?/168cm/♀
  髪:ムーングレイ(moon gray)
  瞳:オールドローズ(old rose)
  
数年前より以前の記憶が無い。パススが亡くした「彼女」に瓜二つである。
一度、悲劇に見舞われ瀕死の怪我を負う。
消えかかる自分を呪った。彼との約束を果たせない自分を呪った。
せめて、わたしを愛してくれた彼がわたしのことで苦しまないように。
エニニの死亡時、エニニに関わった人の記憶は、本人も含めて全て無かったことになる。やり直す為に。
「エニニ」という「記憶」がしぬだけであり、あのとき右に人が座っていた、などの記憶は生きる。
隣に座ってたのは誰だっけ。
消え去るのは記憶のみで、写真や絵などに影響はない。
パススは覚えているようだ。


☆セポポ / 夢見る科学者
    「いつか、科学で魔法を再現してみせるのです!」
  ギアマスター
  10歳/110cm/♀
  髪:山吹色(やまぶきいろ)
  瞳:勿忘草色(わすれなぐさいろ)

魔法使いに憧れる小さな科学者。
本人に魔法の才能はこれっぽっちもない。
母親は死去しており、魔法使いの本をよく読んでもらっていた。
「”お母さんはきっと魔法使いなんだ「”この魔法使いみたいに、箒に乗って月に帰ってしまったのだ”」
死を理解できない幼い科学者。
科学者だけど魔女じゃないからお母さんには会える希望はない。
科学者の自分が母親はしんだと告げるのを、子供の自分が耳を塞いで聞かないふりをしてる。


☆キトト
  スマッシャー
  (見た目)16歳/160cm/♀
  髪:ローズレッド(rose red)
  瞳:ルビー(ruby)
ゴシック調のピンク衣装で身を包んだ、実年齢不明の時を駆ける魔法使い(自称)。
年齢について本人はだんまり。50年前の事件時、その場にいたらしい。

☆コトト:エレメンタルロード/18歳/158cm/♀/人間
  髪:竜胆色(りんどういろ)#9079ad■■■
  瞳:菜の花色(なのはないろ)#ffec47■■■

☆ハノノ:マーセナリー/?歳/150cm/♂/兎
  髪:砂色(すないろ)#dcd3b2■■■
  瞳:菜種油色(なたねゆいろ)#a69425■■■
コトトが何処からか拾ってきたハーフ兎。兎だけど吠えるしお肉が大好き。喋れません!わうわう!

☆ルルヤ
    「あっはっは!面白いなぁ君!」
ウィンドウォーカー
21歳/170cmくらい/秘密♡/祭神(サイジン)
白金髪に赤めの瞳。
お姉さんというより存在がお兄さん。
ノココの実家で祀られている神様なう。祀られているだけでは暇なようで勝手にうろうろしてる。
一部周りからは変人ならぬ変神とか呼ばれていたり。
誰でも君付け。
雷(物理)。彼女が歩いた場所は磁場がめちゃくちゃになるので周りがすごく困る。
※「神」表記は基本的に概念。周りの信仰で「神」としているだけであり、チート的なものはないです。
 

☆スタタ
    「愛とは奪うものですよぉ?うふふ♡」 
    「あらぁ、よくそんなんで生きてますねぇ~理解し難いですぅ~」 
ソウルイーター
22歳/170cm/♀
冥府より遊びにきました、おんなのこです♥
各地に散らばった闇武器の回収を命じられつつも、さぼっていたところを同僚に見つかって脅されやむなくお仕事なう。面倒くさい。
雑食だけど主食は魂。生きとし生けるもの全てが対象内であり(本人曰く取りにいかなくてもそこらじゅうで何かしんでるので食べ放題)冥府には無かった菜っ葉がお気に入り。少し苦いのが好き。

☆ロロフ
    「仕事をしろー仕事をー」
    「ペロキャンくれたら帰るわー。あ、つまみでもいいぞ」

ブレードダンサー
23歳/175cm /※♂/?
スタタの同僚。兼、サボり癖のあるスタタの監視役。同じく冥府出身。
彼は特に監視以外の仕事をしているわけでもなく完全に現世観光気分である。(スタ「ちょっとぉー、ずるくな~い?」)
お酒が好き。お菓子が好き。
よくルルヤからお供えものの酒を分けてもらっていて、良き飲み仲間である。
仕事に私情を持ち込んではならぬとは思いつつ、黙殺している人がいるようで…?



☆ユベベ / 時空の渡り鳥


「今日が今日じゃなくなっても、僕はまた戻って来れる」「嘘だ…僕は…」
「ルナリア…僕、君のことを恨んたことなんて一度もないよ。」 
レイブン
16歳/168cm/♂/烏(カラス)
髪:こげ茶/目:スノーブルー

記録には残っていないらしい少年。(アカデミックステーションより)
控えめで穏やかな性格。元々はプレーリーに住んでいた。
たまに目を離した隙にいなくなっていることがしばしば。
そんなときは探しても見つからず、待っていればひょっこり帰ってくる。
アルテウムの真髄を守る為に飲み込んだ。
この石の影響で、気を抜いた瞬間に時空移動を起こすことがある。
自らの意思で移動することもできるが、使用は控えている様子。
尚、鳥目で早い時間から目が見えなくなってくるので、夜はじっとしている。
新聞配達のアルバイトをしていて、朝は早い。


☆カカトラ / 
「や!元気してたか?」「おっいいねー、今晩は鍋だな」
「さあ?俺は知らないな」
ライトフューリー
?歳/172cm/♂/人間
髪:グレー/目:ブラウン/褐色

快活な性格の青年。つり目が印象的。セントヘイブンが焼け落ちた後、修復も兼ねて呼ばれてきた。
あまり以前の話はしないため、どこに住んでいたかは分からない。
治癒術に長けている。どこかの猫の食あたりを治して以来絡まれるようになったとか。
どうやら兄がいるようだ。








| COMMENT:0 | HOME |
| HOME |

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
ざれうた
性別:
非公開
自己紹介:
・ヽ(ヽ・ω・)
・少年青年と幼女がとぅき
・称号:誤爆始皇帝

リンク


*順不同
独立世界最高
独走スペクトル
こげぶろ(仮)
裏側。
お月見しましょう
シアワセのカケラ。
低空飛行。
しそ日記。
蒼穹の闇、彩るは―――・・・
水のランプ
生きてます。


*所属ギルド
ソウルブラザーズ!
/<->∀<->\ギルド

カテゴリー

アーカイブ

著作権表記

PSO2_200x40_応援バナー02
© SEGA

ドラゴンネスト
Copyright © EYEDENTITY GAMES Inc. All Rights Reserved.

トリックスター
Copyright(C) 2009 GCREST, Inc. All Rights Reserved.
Copyright(C) 2009 NtreevSoft Co., Ltd. All Rights Reserved.